ブログ

子どもの回転寿司デビューはいつから?

更新日:

子連れで行きやすいお店の一つが回転寿司。
よく家族で利用しています(^^♪

ところが10才の長女は生の魚が苦手。
何度か頑張って食べようと試してみたが、お刺身がどうしても食べられない。
でも、回転寿司は生の魚が苦手でも食べられるものがたくさん。
天ぷらのお寿司、いなり寿司、お肉のお寿司。
サイドメニューのうどんやラーメン、から揚げ、デザートなど。
とにかくメニューが豊富で楽しめる。

4才の次女は、イクラやマグロ、イカ、サーモン、鉄火巻きなどが好き。
小食な方だから、たくさんは食べられない。
回転寿司だと食べる分だけお皿を取れるのが良いところ。

一番下の子は、最近1才になったばかり。
お姉ちゃん達と一緒に、赤ちゃんの時から連れて行ってました(*‘ω‘ *)

長女は初めての赤ちゃんだったので、慣れない子育て真っ最中のため、赤ちゃんを連れて外食はできませんでした。
それでも1才半くらいになると、回転寿司に行くように。
うどんを食べさせていました。

次女は、赤ちゃんの頃から連れて行ってました。
回転寿司でのデビュー食は、うどんです。

小さな子どもを連れて回転寿司に行く場合の持ち物

まだ小さい子の場合は、うどんをカットできるものを持参すると便利。
食べこぼしをするようなら、エプロン。
大人が食べ終わるのを待っている間、退屈するようなら小さなおもちゃなどあれば良い。

子どもの回転寿司デビューはいつからがベスト?

乳幼児が泣いたり大きな声を出したりすることは、他のお客さんにとっては楽しく食事をしている妨げになってしまいます。

実は、末っ子が先日テーブルで「あー!」と大きな声を出し、すぐに切り上げて帰ることに。
ちょうど、もうそろそろ食べ終わる頃だったので、タイミングもまだ良かったです。
末っ子は退屈したのかもしれません。
赤ちゃんの頃からずっとおとなしくできていたのですが、もう少し成長を待ってから回転寿司に行くことにしようと決めました

回転寿司は比較的賑やかとはいえ、騒がない、店内を走り回らないなどマナーを守って気持ちよく外食したいもの。

そこで、回転寿司は何才からデビューするのが良いか?考えてみました。

回転寿司に行くと、赤ちゃん連れで行かれる方もよく見かけるし、2才になってから回転寿司に行くという声もあります。

回転寿司デビューはお子さんの年令というよりも、きちんと子どもに目を配れるかどうか、ではないでしょうか?
(もちろん、お寿司を一緒に食べられるようになってから連れて行く、という考えの方もいらっしゃると思います。)

ただ、ママが行きたいのに子どもが小さいから我慢している、という場合は赤ちゃんの頃から連れて行ってもいいと思います。
小さな子どもを連れていても、子どもに目を配りマナーを守って楽しく食事ができれば外食も大丈夫。

もし子どもがレーン側に座る場合は、ルールやマナーを理解できるようなってからがベストだと思います。
子どもが小さいと、うっかりレーンのお寿司やお皿にに触れてしまう可能性がないとはいえないですものね。

小さな子は手先の機能が十分発達していないので、お皿がうまく取れずに失敗するかもしれません。
でも不注意ではなくて、手先が未発達で大人のようにうまくできないだけなのです。

外食はママにとっても憩いのひととき。
どうぞ回転寿司に行かれた際は、とびきり楽しい時間をお過ごしください♡

 

スポンサードリンク




スポンサードリンク




Happy Entrys

-ブログ

Copyright© 子育てブログ~光あふれる毎日を~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.