ブログ

オムツ専用ゴミ箱がなくても大満足な、臭いを防ぐ紙オムツの捨て方

更新日:

もうすぐ赤ちゃんが生まれてくる、そんな時に紙オムツのゴミ箱をどうしますか?
①オムツ専用のゴミ箱を買う。
②普通のゴミ箱を使う。

①の専用のゴミ箱だと価格もいろいろとあるが、2千円弱~7千円、高価なものだと1万4千円ほど。
専用カトートリッジがいるタイプだと、カートリッジを交換する度にお金がかかる。

わが家では、今②の普通のゴミ箱をオムツ専用にして使っているが、匂いの対策はできている。

でも最初から普通のゴミ箱だったわけではない。
初めての赤ちゃん誕生を前に、カートリッジタイプの紙オムツ専用のゴミ箱を買った。
使用済みの紙オムツをセットし、くるっと回すだけでオムツを一つ一つ閉じ込めてくれる優れもの、のはずだった。

ところが、かたくて回らない時が、回る時よりも多すぎた。
結局、オムツ専用のゴミ箱は使うことができなかった。
(今思うと、そのカートリッジだけ、何か不具合があったのかのしれない。)
という残念な思いをしたため、普通のゴミ箱を紙オムツ用として使っている。

最近、専用ゴミ箱を使っている方のブログを読んでいたら、カートリッジタイプではないからか紙オムツを捨てる時にふたを開けると匂いが出てくる、とのこと。

今日は、紙オムツ専用のゴミ箱ではなくても、紙オムツを極力臭わせないゴミ箱の選び方と、紙オムツの捨て方を紹介しようと思う。

用意する物

①蓋つきゴミ箱
②キッチン用ポリ袋
③チラシか新聞紙

蓋つきゴミ箱の、蓋の密閉力は一番大切
匂いが漏れ出ないような密閉力のあるものを選ぶ。

足でゴミ箱の蓋を開けられるタイプが使いやすい
オムツ交換をした手でゴミ箱に触れることもなく、清潔に捨てられる。

私はニトリで買ったが、値段がお手頃だし密閉力も満足できている。

ゴミ箱を購入する際は、ゴミ箱内には匂いが付着するので、子どもの紙オムツがとれたら捨てるつもりで購入することをおすすめ。
開けた時に、匂いを感じないように背の高いゴミ箱は選ばない方がいい。
かといって、小さすぎるとあまり入らないのである程度の大きさのもの。

密閉性のあるゴミ箱を購入して、紙オムツをキッチン用ポリ袋に入れ、袋の結び方を工夫しただけで匂いは激減した。
今ではリビングに紙オムツ用にしているゴミ箱を置いているが、臭わない(*‘∀‘)

捨て方

大の場合は、チラシか新聞紙でくるんで、キッチン用ポリ袋に入れる。
チラシや新聞紙がなければ、そのままキッチン用ポリ袋に入れる。

小の場合は、暑い時期にはキッチン用ポリ袋に入れる。
寒ければ、袋に入れずにゴミ箱に入れてもOK。

匂いを出さないようにするための大切なポイントは、袋の口を固めにねじり上げること。

袋の口の辺り上部をにぎって、紙オムツの方を指でくるくる回転させると早くねじれる。


ねじったらギュッと結ぶ。


念のため、もう一度結ぶ。

大がかなり紙オムツに付着したままでも、匂いを閉じ込めることができる。

かなり臭わない方法とはいえ、使用済み紙オムツを次のゴミの日までためると、さすがにゴミ箱を開けた時に臭うのでそこまでは期待しないでね。

匂い対策に一番良いのは、夜にその日のゴミを外に出して、ゴミ箱の中を一度空にしておくこと。

とはいえ、毎日バタバタで空に出来ない時も多い。
今7月だけど、2日間位はゴミ箱の蓋を開けても匂いがしない。
住んでる場所や環境にもよると思うが、匂い対策に有効( *´艸`)

このくくり方なら、外出先から使用済みオムツを持ち帰る時も、匂いが漏れ出ることもないと思う。

密閉できるゴミ箱さえ購入したら、紙オムツを捨てるのにかかるコストはキッチン用ポリ袋の代金だけ。
200枚入りで200円ほど(商品によって、もっと安いのや高いのがある)。

なので、わが家では紙オムツを200回捨てても200円のコストで匂い対策ができている( *´艸`)

スポンサードリンク




スポンサードリンク




Happy Entrys

-ブログ

Copyright© 子育てブログ~光あふれる毎日を~ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.